2004年10月31日

いったい神様は誰だ?

今更言うまでもないと思うのですが、
創価学会は名誉会長を神とする唯一神教。それが真実です。
日蓮仏法を遵守する唯一の団体とアピールしていますが、
日蓮の教えなどは、今となってはもう皆無で、
ひとつの商売として成り立つような、
自分の都合の良いルールに変えてしまっています。
五座・三座の勤行(仏壇へ向かい祈ること)をSGI式勤行に変更する
(長い経文から短時間で読める短い経文へ)、
御観念文(本尊に祈る事柄をまとめたもの)の変更など、
例を挙げていくときりがありません。
会員の楽なほうへ。楽なほうへ。
やっぱりルールを簡単にしないと誰もついてこれないのでしょうか。
ここ数年、学会は「お守りご本尊」として、
ちいさなプラスチックケースに入った曼荼羅(まんだら)を配り始めました。
配るというか、1つ5000円で販売なのですが。
お守りを配られる人は払う必要はほとんどないようです。
私の知り合いには自分でお金を払ってまでもらった人はいないです。
しかし男子部の一部・女子部は独身で5000円の負担は高価なので、
私がいた地域では、自分の地域のノルマに達するのならと、
おじさん、おばさんたちが喜んで払ってくれます。
このお守りを配り始める前夜、急に召集がかかりました。
ここで皆、学会の崩壊地図を見たのです。
地域の婦人部長が私たちにこんな事を言いました。
「もう学会の広がりは行き止まりを感じています。
ですから、曼荼羅(紙のまんだら)を仏壇に飾れない人のために、
お守りを配って広宣流布(教えを広めること)をします。」
私たち真面目ちゃんは、本当にこれでいいのだろうかと
婦人部長に食って掛かったのを覚えています。
やはり祈りの中心は仏壇の曼荼羅ですから。
それにお守りとは、先生がいつも首にかけていて、
一般会員にはそうそうにもらえない、
貢献した人や、偉い人しかもっていないものなのです。
海外に長期滞在をした時にお借りしたした時は、
本当にすごいものを借りてしまったと、
とても緊張していたのを覚えています。
でも根本的にご本尊は「胸中の肉団におわしますなり」。
(御書では胸中の肉団(みぞおちのあたり=心)に
ご本尊は存在するのだと言われています)
だから広宣流布の為には、曼荼羅でもお守りでも
そういう流布の仕方もアリだと。
逆に言えば、要は信心があれば
どちらもいらないという事になってしまうのですが。
それもちょっと違うのでは?と思いながらも
婦人部の鍛え上げられた巧みな話術で
うまい具合に言いくるめられつつ、
本当に真に受けてしまった部員さんは
「お守りなら友人や親戚に持ってもらえるかも」と
小さな光を見つけた人もいたようです。
普通のお守りみたいに持てるのであれば敷居も低い。
しかしその考えは甘いです。
普通の曼荼羅でも、お守りでも、学会のイメージはイメージ。
本尊を保ちやすいということなど、問題ではないのです。
非会員とって、学会はどこまでいってもカルトなのです。
ノルマはもちろん達成などできません。
うちは母がまだ活動をしていますが、母の周りでは、
ご本尊送り(本尊を未会員に授与すること)をしたという話は
ここ一年以上聞いていません。
最近は選挙で忙しいですし。
私が信じていた学会の組織に不安や疑問を募らせていったのは
まさしくこの頃です。
posted by ありさ at 00:00 | TrackBack(0) | 格納 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。