2004年10月27日

やっと落ち着いたところで・・・

私は創価学会の三世会員です。
生後1ヶ月の時、自分で何も判断できない頃に有無を言わさず入会。
親子(祖母を含む)で学会のマインドコントロールに翻弄され、
私は何とか現状を脱出、母はまだまだ活動中です。
何かが違うと気づいたのはもう随分前から、
具体的に活動をやめるなどの措置を取ったのは、まだここ3年程のことです。
それまでは、皆から凄い活動家と褒められるほどでした。
気がつくのが遅すぎ。無駄にしてしまった時間は四半世紀です。
学会に深く深くコントロールされていた私は、
創価学会の営利団体としての本質や、教義と活動の不一致など、
現実が見え始めてくると、まるで自分の全てが剥ぎ取られたかのように
心身共にボロボロになってしまいました。
三世会員として、自分のアイデンティティー=学会になっていたのです。
それが全否定されたわけですから、自分の建て直しです。
この3年で、酷い鬱で働けなくなってしまったり、
抗不安薬を飲まなければ生活できなくなってしまったり、
パニック障害との闘い、自助グループでのワークショップ参加、
またアダルトチルドレン問題など、
いろいろな問題にぶつかりました。
現在は回復し、普通に毎日を営んでいます。
学会を冷静に判断できるようになった今、
私のような二世もしくは三世会員で悩んでいる方に
少しでも楽になって頂きたいと思い、
ここに少しづつではありますが、綴っていきたいと思います。
posted by ありさ at 00:00 | TrackBack(0) | 格納 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1950698

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。